FC2ブログ
たじみ陶器祭り
- 2011/04/11(Mon) -
 9日、10日と、多治見陶器祭りクリエーターズマーケットに出店してきた。お店によっていただいた方々。御購入いただいた方々。ありがとうございました。

 初日の午前中は雨だったが、二日間通して多くの人が足を運んでくださった。クリエーターズマーケットは初出店で、「レア出店だねぇ」と冷やかされながら、他の出展者の方や周りの皆さんによくしていただき、完全ホームな雰囲気での二日間となった。一個も売れないんじゃないの?って気持ちもあったので、お買い上げ下さった皆さんには本当に感謝です。


 CIMG9741_convert_20110411165635.jpg


 「表現するこだわり」は強く持っているんだが、今回は、お祭り値段。お客さん。って事を考えて、出来る事をしようと思った。
 使いやすい器や、本当に素敵な器は他の方々のところで探してもらって、自分の所では「・?・?・・??」となりながらも楽しんでもらえるような物を見せたいと思っていた。

 
 美濃地方は、全国的にも大きな陶磁器の産地で、食器や、陶芸作品をたくさん見たり買う事が出来る。この陶器祭りでも多くの人が集まり、安いお手頃な器を買い求めていく。  それと同時に、この美濃地方は若い陶芸作家達の宝庫であり、多くの若者が切磋琢磨している。このクリエーターズマーケットに出店している多くの若者がそうである。
 自分が若い頃、お客さんとして陶器祭りなんかにいっていた頃は、宝探しのような、面白い物無いかなあ、わくわくするもの無いかなあと見に行っていた。自分の好きなブースが一つあればラッキーだと思っていた。 自分はそうだったので、目の前を歩いていく人達もそうだといいなあと、いい物があるといいですねと見ていた。そうした中で、自分の仕事はそうゆう人を裏切らない事なんじゃないかなあと、二日間が終わって思った。「器」ではないけれど、用途はわからんし何かも分からんけど、何か伝わるもの。少しでも面白かったなあと思ってくれれば、また足を運んでくれるかもしれないし、陶芸に興味を持ってくれるかもしれない。僕の所では買わなくても、他の所で素敵な器を見つけてくれるかもしれない。巡り巡って僕にも幸せが来るかもしれない。そんな事を考えながら2日間を終えた。



 CIMG9743_convert_20110411165655.jpg



 普段はなかなか寂しい商店街になってしまっているが、この時はすごい人通り。

 また来年もなにか協力できたらなあと思う。

 

 
スポンサーサイト



この記事のURL | 陶芸 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |