FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
- 2009/11/08(Sun) -
 CIMG1119_convert_20091108160702.jpg
 CIMG1139_convert_20091108161000.jpg
 

 今日は絶好の畑日和という事で、さきちゃんはせっせと開墾。ちょうど下水工事があり、ユンボがあったので50㎝ほどの穴を掘ってもらい、新たな花壇を作った。バラを植える時は下の土をごっそりと変える。土を変える事で根をしっかりと張り、元気に育つ。

CIMG1120_convert_20091108160638.jpg

 夏野菜、芋達が終わり、お礼の肥えを入れて耕す。冬野菜の水菜や、春に向けてのニンニクなどが植えられる。ニンニクは、ハーブやバラとごちゃごちゃにして植える。虫がつきにくくなるし、花が元気に育つらしい。

CIMG1121_convert_20091108160725.jpg

 今年の夏、たくさんの実をつけてくれたイチゴ畑。シュート(新芽)をたくさん伸ばしている。お礼肥えをして冬を越す。手前には3年目になるラズベリーがある。年々大きな実を付けるようになり、来年はジャムまでいけるのではないかと期待している。(たいていはつまみ食いとおやつで無くなってしまう。)

CIMG1125_convert_20091108160833.jpg

CIMG1129_convert_20091108160850.jpg

 秋は花が少なくなるので、畑が少し寂しいが、マリーゴールド、コスモス、ローズマリーの花など、結構賑やかだ。蝶やミツバチがたくさんいる。

CIMG1137_convert_20091108160915.jpg


CIMG1122_convert_20091108160748.jpg

 

 夏、ジャングルのようにはびこる雑草をたい肥に変える。牛フンとEM菌とを混ぜて中心部分を作り、あとはどんどん抜いた草を積んでいく。中心部分は60度以上になり、もわっと湯気が立ち上がるほどになる。それがじっくり熟成されると、ちょうど今頃たい肥に変わり、畑へと帰っていく。素晴らしい循環。
 憎たらしい雑草も、こうやってたい肥になりまた畑のエネルギーになってくれると思うと、愛らしささえ生まれてくる。(夏場は本当に憎たらしいが)

CIMG1124_convert_20091108160810.jpg

 放置されている由夫さんの作品。今月の20日に明石の美術館の方が取りにくるとの事だが、由夫さんとはなかなか連絡がつかない。一緒に来るのかも不明だが、まぁ大丈夫だろう。


この記事のURL | 陶芸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タイトルなし | メイン | タイトルなし>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hioki0720.blog76.fc2.com/tb.php/60-df0566e3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。