FC2ブログ
ゆらゆら帝国
- 2010/04/03(Sat) -
[広告] VPS



 ゆらゆら帝国が3月31日をもって解散した。

 坂本慎太郎氏曰く、「この3人でしか表現できない演奏と世界観に到達した、という実感と自負がありました。中略、ゆらゆら帝国は完全に出来上がってしまったと感じました。」


 ゆら帝のライブには、専攻科時代に3回足を運んだ。1stの「3×3×3」で度肝を抜かれてから、中毒的に好きになっていった。彼らの音楽作りは、積み上げた物を壊して次へ進む。という感じだった。期待と裏切りが、発見と驚きにつながっていったのだろう。

 一番の思い出は、2000年くらいのダイヤモンドホールでのライブ。僕の住んでいる所は名古屋まで1時間程かかり、ライブ会場などの目的地までもう少し時間がかかる。6時開場とか言われると、仕事のある時はあわてて家を出なくては行けない。そこでいつも考えるのは夕飯だ。ゆっくり食べる時間はないが、小腹もすく。友達などと一緒の時は、ライブ終わりにどこかでご飯を食べるのも良いだろう。と考えると迷うのだ。この日は、時間もなく、何も食べずにライブ会場に駆け込んだ。

 熱狂の中ステージは続き、汗だく、人にもまれぐちゃぐちゃになる。そんな中演奏された「貫通」

 この曲は演奏時間は15分くらいなのだろうか、その中盤から坂本氏のファズギターが唸る。このパートはリズムもメロディーもない。歪んだギター、雑音、胸を閉め付けるような騒音、ギョイーーーン、ビーーー、ピーービビーー、が延々と続く。僕は空腹と騒音と、お腹に響く雑音とで、頭がくらくら目が回ってしまった。倒れる寸前でライブに行って初めて「もうやめて~」って思った。「もうあかん。。。」と思っていると、真っ白になった頭の中に、希望のようにわずかに聞こえ出すベース音。それを助けるようにわずかに聞こえてくるドラム。

 「おお、リズムリズム。。。」  と糸をたぐるように身を委ねると、雑音が止み、一気にメロディーが流れてくる。解放。


 
 ゆら帝は大好きだったのだが、僕の感性ではやはり理解しきれない事が多い。その音の変化、だるだる、ゆるゆる、すかすかになってから、特に最後のアルバムは通しては聴いていない。積み上げてきたもの、期待されるものを意識してかしなくてか、壊してきた。純粋に作りたいものだけを作ってきたのか。難しいと感じる時期もあった。もう一度聴いてみようかな。


 ライブ中も、MC一切なし。アンコールなし。という姿もかっこ良かったなあ。千代のベースもかっこ良かったなあ。  「3×3×3」は名盤。
この記事のURL | 音楽 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
サカナクション
- 2010/03/18(Thu) -



 大好きなサカナクション。

 発売になったばかりの新しいアルバムをまだ聴いていないので、まだコメントは早いのだが、4月9日名古屋クラブダイヤモンドホールでのライブに行く事になり、否応なくテンションが上がる。

 主観的な意見だけれど、ここ数年のバンドの中ではやはり頭一つ二つ出ている。ダンスとロックの融合を目指したバンドは数多くいるけれど、転調、リズムの変化、プレイ、と高いレベルでこなしながら、なおかつ新しさを感じさせる。久しぶりに音楽の純粋な楽しさであるワクワク感を味わう事が出来る貴重な音達だ。

 その真骨頂はやはりライブ。一曲の中で、「あれっ、曲変わった?」ってくらいのリズムの変化。深い底を泳ぐようなループ・・・ループ・・・ループ・・・。そして、そこからの解放。いや~楽しみだ。

 サクナクションが下積み時代を送ったのか売れたのか、よくは分からないが、ここまで素晴らしい音楽を作り上げてきた事は賞賛に値する。おめでとうございます。
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人にやさしく
- 2010/02/24(Wed) -
 今日、ラジオでブルーハーツ特集をやっていた。「おっ、やったぜラッキー」っていうくらいに聞いていたのだが、「人にやさしく」で不覚にも落涙してしまった。配達のトラックの中で。
 久しぶりに聴いて、歌詞があまりにもストレートに入ってきたのと、中学生の時に初めて聞いたであろう「人にやさしくは誰かの為に言っているんじゃない。自分に言ってるんだ。自分が心から人にやさしくしてほしかったんだ。」っていう昔聞いたヒロトの言葉。先月岡山で見たステージとが、ぶわっと頭を駆け巡り、落涙した。そして少し笑った。

 ブルーハーツは完全にピストルズやクラッシュなど、UKからのパンクムーブメントの影響の中誕生していて、好きこそ物の上手なれを体現しているような人達だ。しかし、ドラッグや反戦、反体制、の色濃かったパンクに対して、全肯定、ポジティブシンキングという日本でのパンクのイメージを作り込んだ、この人達の功績はやはり計り知れない。

 涙が出たのは、いささかびっくりしたが、60歳になっても80歳になっても涙したい。


[広告] VPS
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ふんわりプラス、デビュー
- 2010/02/16(Tue) -
CIMG1601_convert_20100216165558.jpg

 少しずつ進んでます。

 14日に、近所にある稲津コミュニティーにて、「いなつフォークビレッジ2010」が、企画、開催された。このイベントに、急遽参加する事になり、うちのさきちゃんと「ふんわりプラス」とバンド名を付け、約一月練習をして、ステージに立った。稲津という田舎とは思えない程の、音響の整ったバンドセットが組まれ、素人と呼ぶには申し訳ない程の腕前の人達が集まり、かなりビビリながら迷子の子羊のようになっていたが、とても楽しく終わる事が出来た。お世辞なのか、「ふんわりプラス」さんの評判は非常によく、お褒めの言葉をたくさんいただいた。「次は文化祭だね!」との言葉の中、大きな不安があるのだが、よい趣味になるように練習していきたいと思った。

 ああ、緊張した。
この記事のURL | 音楽 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
plenty
- 2010/02/04(Thu) -
いつも、自分の仕事をする時はたいてい音楽がかかっている。

最近のヘビーローテーョン。plenty。

[広告] VPS



 商業的に「売れる」とかはあまり分からないし、音楽業界もCDが売れないし、大変な事はたくさんあるだろう。しかし、良質な音楽に出会えた時は心躍る。せめて、豊かな才能が潰れない程には売れていただきたい。

 かなり良い。

この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ